駄文置

日記です.

ユーフォ初見+1 所感

概ね良かった。初日と日を改めて二回目を見た。 ネタバレ含みます。

長くなる予定なので目次。

作画について。

  • テレビ版よりかは安定感に欠けた気もする。いやおそらく劇場版サイズに細かく物を入れすぎたってパンフで見た気がするがこういうところか…?と思いはした。動画は重そうだなぁ…って2回目は思う余裕があったわけだが…

  • 正直(下限としては)これくらいでいいと思った。何様だろうか

  • おそらくBDで修正はされるしスクショも回らないからいいが、テレビ放送していたら抜き出されて 崩壊(この言葉は好きではない)などと言われるであろう崩れは軽く見られた。けどこれでいい。意図的な演出を妨げなければどうなっても構わないとまで思う。

  • 自分がケチをつける輩ではないことを断っておきたい(保身)

演出について?諸々

正直あんまし記憶がないのでBD買ったらちゃんと書きたい。

  • 一期での山登りの強いライトアップは引き継がれていた。意図的

  • オーディションの時の曲面パース(魚眼…?)は広く部屋を捉えていてそれでいて奥に奏を一人置いて距離を取るいい表現だなあと感じた

  • 撮影カットがちょいちょい挟まるがあれもテレビ版輸入か 最後の久美子がよろしくお願いします!っていうところがノイズなしで映える、いい締めだと思った。それ目的だけではないだろうけど今は落ち着いて考えられてない。

  • 雨中歩き、長尺走り描写は上手くなりたいのときを彷彿とさせる感じだったが雨が良い、濡れ髪がうますぎて最高だった。握り拳もうめえ。何?

  • リズ鳥が出てきたときはおいマジか、、、そういう時間軸なのか…と唸った。どうやらアニオリ選曲のようですが良改変すね。予算の関係もあるでしょうけども。

  • 久美子と麗奈の対比、関係性(カップリングとも言っていい)は二期から濃厚になったけどここに来て明確になったなぁという印象。リズ鳥を見ているのであればその意味はほんの少し重く感じたか。

  • 先生の指揮を意図的にボカして鳥に見立てたのが自然で良かった。確かにそう見えるよね。

  • みぞれの回り込み作画はやばかった。 *

もっとあるだろうけどひとまず置きます。

演技面

黒沢ともよについて

  • クールを経るごとにより自然な久美子を演じているけれども今回は極端に上手かったと思う
  • どういう指示なのか気になるところではあるが、

    「いいんじゃないの〜(美玲とさつきがどっちが優れているか聞かれたシーン)」 「そんなに気になる〜?(オーディションでの先輩への忖度などがなかったか聞くシーン)」

この2つがかつてのあすかを思わせる演技で正直鳥肌が立った。 細かい癖、各所で(あすか先輩ならどうするか)を考え、それとなくなぞりつつある黄前久美子という人間をこんなに表現できるか、と。黒沢ともよは凄いよ。 大声で走りながら必死に心から叫ぶシーンは言わずとも良いのはわかる。

山岡ゆりについて

  • 初回の段階で何かが引っ掛かるような、こんなだったか?という思いがあって二回目を見た
  • セリフこそそこまで多くない、けどある時はすごく重要で意味のある立ち位置にいる吉川
  • 夏紀への照れのない感謝、良い
  • 結果発表後の「これからの北宇治はもっと良くなる、もっともっと上手くなる」のところなんてこの劇場版の尺でありながらテレビ12話分ばり、最大限の部長らしさが出ていて最高だった。山岡ゆりでよかった。

雨宮天について

  • 雨宮天の演技は割と雨宮天になりがちなものが多いのだけれど、今回に限って言えば久石奏そのものであった。 *パンフ見るの忘れてたので見たら追記します

総括

  • リズ鳥の衝撃からずっとサントラを聴き続けて曲進行を覚えてしまって、超長尺演奏でそれがドンピシャで噛み合ってしまって あ、わかる、この次はあのフレーズで恐らくこんな感じが来る、来た… などと初見はやってました。
  • や、よかったっす、BD買います。BD買ったら記事書くかも。いや他の人が書くしいいか。
  • 落ち着いたら推敲します。

ツイッターで剣崎梨々香ちゃんをしているものだ。原作既読勢の感想。これみたぞ。 https://fusetter.com/tw/7iG0A#all

  • そん時のツイート

過激派だ。

リズと青い鳥 コンクール用編曲Ver.

リズと青い鳥 コンクール用編曲Ver.

電子書籍におけるまとめ本について

発端

iPhoneで本を探している時に見かけた

青春ブタ野郎シリーズは後々買おうと思っていたんですけど第1部1〜7巻セットで4800円。

普通に買えば700*7=4900円で100円お得!らしい。

   

気になること

個人的にこれはやっちゃいけない売り方なんじゃないのかなぁって思うところで

f:id:humekuru:20181209153238p:plain

iPhone電子書籍アプリのiBooksって作品ごとに纏まって表示する機能があるんですけど,このグルーピングから当然これは外れて表示されます。

 

よくわからないまとめ本が一冊,しかも後々2部が出た際にはグループに含まれない。

本を読む人間って多少は所持欲というか蒐集癖というものがあると思っていて(偏見)

そういう人間にとって整理しにくい本って邪魔なんですよね。少なくとも俺は。

 

その本がグループから外れる以外にも,このグルーピングって未購入の同シリーズ作品も表示されるので次はこれを買おう,と思わせるんですよ。

小説コーナーに並んでいる感覚。それをこのまとめ本は失ってるんですよ。

 

まとめ

製作担当はお得セット作って目先の売上伸ばそうとしてるかもしれないけど長期的に見て機会損失してると思います。

「やがて君になる」6話 演出および所感

やがて君になる、の6話の演出および脚本などの意図を汲み取る個人的な考察です。冗長な部分もあるかと思いますが流し見程度に。

 

考察を書くにあたり、

yuritookasi.hatenablog.com

こちらの記事があることは確認してから書いています。被る点が多々あるかと思いますがご容赦ください。

圧倒的に知識量が足りないので,過去作品との類似,比較等は各々で検索してくださると幸いです。

 奇抜な見方も作画的指摘もできてないです。自分がどこに惹かれたのかを書きました。

それでは行きましょう。本編のみ触れます。

 

アバン

f:id:humekuru:20181117054213p:plain
f:id:humekuru:20181117054217p:plain

扉を画面一杯に配置,動作に伴い綺麗に半分に分割します。導入としてこれ以上ないほど自然な画。この後でも物による分割は多用されます。

 

f:id:humekuru:20181117054239p:plain
f:id:humekuru:20181117054243p:plain

このカットではやはり窓枠を用いて左右に空間を分割、燈子の周囲との心理的隔たりを表現しています。その後OPに突入。

 

Aパート

文化祭の脚本
f:id:humekuru:20181117054257p:plain
f:id:humekuru:20181117054301p:plain

佐伯「このまま見つからなければ,既存の話をアレンジするってところかなぁ」

燈子「せっかくだからオリジナルでやりたいけどな〜」

佐伯さんは正面,つまり燈子の方向を向いてこの発言をしているので,既存の話をアレンジ,の文脈には姉と同じであろうとする燈子を示唆していると想像できます。その後佐伯さんは正面をずっと見ています(基本的に燈子をガン見している)。

これに応えての,せっかくだからオリジナルでやりたい,というのは燈子自身でありたい,けれど実現できそうにない,という本心から来るものですね。あくまで示唆。

(本人達にその意図は無いとは思いますが、作者に文学的に狙って書かれた台詞かな、と)

 

自販機前
f:id:humekuru:20181117054332p:plain
f:id:humekuru:20181117054337p:plain


佐伯さんと侑の会話の中で,奥から佐伯さんが侑に近づき,横向きカットが入ります。

ここで佐伯さんが上に描かれているのは先輩後輩の上下関係もありますが,この状況下での精神的,知識的優位にいるからであり,圧のあるカットになっています。

 

生徒会資料を探していて先生が来るシーン

f:id:humekuru:20181117054843p:plain

窓枠と太い柱を用いることでここでも空間が分割されています。ここでの二人の間の厚い壁は7年前を知っているかどうかでしょう。実際7年前を知ったBパートにおいては壁の描写はありません。

 

先生との会話
f:id:humekuru:20181117054852p:plain
f:id:humekuru:20181117054859p:plain
f:id:humekuru:20181117054905p:plain

先生が眼鏡を拭いて掛け直す時に眼鏡を通して侑を見るカットを含むシーンです。

ここで眼鏡の中に侑を見る意義を考えたときに、「色眼鏡で見る」とまで言わないにしても、何らかのフィルターを通して事実とは異なるものを周囲は見ているのだと。

自分たちを見ている人間の代表である先生が,七海燈子が七海澪そっくりだと言っていることがそれを実証している,ということを表しているのかなと思いました。

前半サブタイは「言葉は閉じ込めて」言わずとも侑視点。

 

Bパート

河川敷

影による表現がとても豊かな場面です。

二人の顔を斜めに切る影,仮面を思わせます。

また,「お姉さんみたいになりたいんですよね」と指摘された瞬間燈子の後ろが明るく,風が吹きます。その後侑の顔を経て元に戻ります。燈子の一瞬の心の揺らぎが表現されています。

 

飛び石を歩く
f:id:humekuru:20181117055009p:plain
f:id:humekuru:20181117055013p:plain
f:id:humekuru:20181117055021p:plain
f:id:humekuru:20181117054856p:plain

燈子の後髪→脚→後髪→脚の切り替えを経ることで,脚越しのボカシの入った侑との距離感が強調されています。

 

侑の歩み寄りからの拒絶

侑が話している時点から振り返るまでの表情の機微は見えず,悲壮を含んだ微笑みだけ.電車の通過音ではっきりと拒絶するこの演出はわかりやすく目玉です。

 

姉への思い
f:id:humekuru:20181117055004p:plain
f:id:humekuru:20181117055009p:plain

姉の死で周囲から求められる,姉と同じ様な振舞いは自我の隠れをもたらし,画面上では水面下で表現されています。

水上での発言の「君の前でただの私に戻るのは居心地がいい」,「心配してくれているのはわかるよ」,「でも劇はやるよ,小糸さんが付いてきてくれなくても」

これらは燈子の意思,決意であろうと思われます。

 

侑が石に躓く
f:id:humekuru:20181117055031p:plain
f:id:humekuru:20181117055026p:plain

石に躓き.踏みとどまった侑の左足は燈子と自身との壁となります。

その後再び橋の柱が二人の間に厚く立ち,距離感を大きくさせます。

 

川を挟んで

他作品においても川というものは物理的距離以上に,心理的に断ち切る表現でよく用いられます。

侑の「私はどっちの先輩のことも好きにはならない,これまでも,これからも.

先輩のこと,好きにならないよ」は結果的に燈子を引き止めました。ここでの侑の心境はその後の手を繋いでの時の感情の機微とさして変わらないでしょう。

 

手を繋いで(侑視点)
f:id:humekuru:20181117054957p:plain
f:id:humekuru:20181117055002p:plain

このシーンはのちのCパートとほぼ同じで(ライティングのタイミングの違い),視点の違いから意味合いが異なってくるところです。

街灯が,手を繋ぎ歩く二人を照らし,「君はそのままでいてね」に対して

照らされた状態で「私は変わりたい」(以前から変わりたいというのは本心)

街灯の明かりが離れる瞬間で「はい」と応え,(段々と断言できなくなって混濁)

暗くなってから「なのに,嘘を付いたのは,きっと私も寂しいからだ」(言えない嘘)

と締めて特殊EDに入ります。

 

Cパート

手を繋いで(燈子視点)
f:id:humekuru:20181117055020p:plain
f:id:humekuru:20181117055024p:plain

「侑,好きだよ」に対して「ありがとうございます」と応える侑に対してライティングすることで燈子側を相対的に陰とし,「これは束縛する言葉」と一歩引いて語る。

「君はそのままでいてね」といい,こちらではBパートとは違いライティングが解けるまで描写,明確に燈子側を陰として,「どうか侑.私を好きにならないで」と締めて6話を終了します。後半サブタイは「言葉で閉じ込めて」もちろん燈子視点。

 

感想

6話自体の感想としては,中だるみしがちな6話でこれを出してきたことに素直に感心しました.

口に出すこと,出さないこと,出せないことが,うまく噛み合って,また噛み合わなくて,見ていて惹きこまれました。しんどすぎて疲れた。

個人的に河川敷シーンよりも最後の手を繋いで散歩のED挟んでの対比が目玉かなって思いましたね…完全に同じかと思いきや…っていう。セリフに意識持ってかれがちですが画に注目するのもまた楽しいですよ。

 

関係性が整理されたところで後半に向けて勢いを増して行きそうな,やがて君になる

この記事を書いている間に7話が出たそうで完全に記事としては旬を逃しています。

良作だよこれは…最終回を迎えた後原作を読もうと思ってます。

追記 6巻まで,読みました。

 

 

演出脚本を想像した感想としてはとても楽しく難しかったです。見ていてなんか印象に残るなって思ったシーンで自分の考察がしっくりくれば幸いですが…どうでしょうか。

具体的にスタッフの演出等での類似作品を提示できないことは申し訳ない。

初めての試みだったので読みづらい部分などあるかと思いますが…これからも琴線にふれた作品にはやっていきたいです。

 

見返したらやっぱりパンナコッタ様と同様な考察をするに至っていたので演出として良い作品だったのだろう…作監仁井さんだったんだなってスタッフ打ち込んでて気づきました。製作陣各位お疲れ様です。

 

スタッフ

脚本…花田十輝

絵コンテ…あおきえい

演出…渡部周

作画監督…仁井学

総作監合田浩章,大橋知華,鈴木勇

 

 

 

 

 

 

 

 

RoughAnimatorの和訳

初めに

  • RoughAnimatorのローカライズが期待できないので参考になれば
  • 実は触れば何となく分かるけど英語アレルギーの人とか手っ取り早くどれをいじれば良いんだよって人向け
  • 正確な訳は期待しない
  • www.roughanimator.com こちらの公式に準拠して書きます 
  • 気になる訳とか使い方わからなかったら @humekuruにリプ飛ばして下さい.ローカライズされてない有料アプリでもだいたい買います

http://www.roughanimator.com/panels.png

大まかな使い方

  • New projectを押し,解像度とフレームレートを指定するとプロジェクトが開きます.
  • 新規のプロジェクトでは,タイムラインは1フレームのみ存在する状態で始まります.
  • 単一のBackgroundレイヤ(削除不可)とデフォルトのLayer1があり,最上段の緑色再生ヘッドが現在のフレームを表示しています.左のスライダー群によりレイヤー個別の透過率を調整します.その隣のボタンでレイヤの順序を変更,及びレイヤの削除を行うことができます.
  • プレイバックしているときに描画時間を拡張したい場合Timeline PanelDrowning durationのスライダをドラッグして下さい.
  • それぞれの描画はTimelineの青いボタンで表現されます.どれか一つを選択することで個別の絵を表示できますし,最上部の再生ヘッドをなぞることで,ある間の動きを確認することができます.この動きはTools panelの◀▶ボタンで同様の動きが再現できます.ボタンの間のスライダでなぞりでの確認もできます.
  • 標準では,▶ボタンをタイムラインの最後で押すことで新しい描画を追加します.これは手動でAdd drawingを押すことで同様に追加することが可能です
  • Drawing Campasに書き込み,ピンチ動作でズームやパンができます.描画ツールとしてはブラシ,消しゴム,塗りつぶし,投げ縄ツールが存在します.
  • オニオンスキン機能は現在フレームの前後を重ねて表示する機能です.Tools PanelのOnion skinボタンで機能のオンオフ,またTool Option Panelで表示するフレーム範囲を前後個別に設定できます.
  • Tool panelの再生ボタンを押すことで最初からアニメーションを再生できます.Project OptionsのメニューからQuicktimeVideoやPNGでの静止画書き出し,アニメーションGIFの書き出しが可能です.
  • Drawing Canvasの角にある拡大しそうなボタンで最大化できます.

各種設定項目

Drawing duration

現在表示している描画のフレーム数.
  • Not linked
    • 設定したフレーム数は現在のフレームのみに適応されます.
  • Link layer durations
  • 設定したフレーム数はすべてのレイヤに同様に適応されます.ある描画を削除すると,前の描画の長さを延長し,現在までのアニメーションでのタイミングは保持されます.
  • Link drawing duration to previous drawing
    • 現在のフレーム数を拡張する場合,前の描画のフレーム数を同数短縮することで代償し,全体のタイミングを保持します.描画が削除された場合にも,前の描画を延長することで代償します.
  • Link drawing duration to next drawing
    • 現在のフレーム数を拡張する場合,後ろの描画のフレーム数を同数短縮することで代償し,全体のタイミングを保持します.描画が削除された場合にも,後ろの描画を延長することで代償します.

Drawing label

現在の描画に対してラベルを与えます.TL上で表示されるので管理に便利です.

Add drawing

TLに描画を追加します.
  • Add after

    • 空の描画を次に追加します.▶と同様の動作です.
  • Add split halfway

    • 空の描画を現在の描画と次の描画間に追加します.(現在のフレーム数が4であれば現在を2にしてフレーム数2の空描画を追加)

    • 偶数では等分,奇数の場合現在のフレーム数を1フレーム多く扱う. 

    • 中割りと呼んでいいのかどうか怪しい.等分割りでいい場合はこれで.

  • Add split at playhead

    • 再生ヘッドの位置で現在の描画を分割,空描画を追加します.
    • こっちのほうが現実的に中割りな気がします.
  • Duplicate after

    • 現在の描画を後ろに追加します.
    • 以降の描画は押し出されるのでアニメーション全体の長さは延長されます.
  • Duplicate split halfway

    • 現在のフレーム数を半分にし,同一描画が半分の時間で2つ並ぶ形にします.
  • Duplicate split at playhead

    • 現在の描画を再生ヘッド位置で分割し,同一描画が任意の時間で2つ並ぶ形にします.

Delete drawing

現在の描画を削除します.

Make cycle

  • 現在の描画を,前の任意数の描画のループにすることができます.
  • 設定した描画群を変更した場合,自動的にループにも適応されます.
  • 設定されたループはTL上で緑色に表示されます.赤色になっている場合は動作しません(存在している以上の描画数を設定したか,ループをループに設定していると思われます)

Playback range

  • 再生ボタンでプレビューする範囲を指定できます.

Add layer

  • Empty layer
    • 空のレイヤを追加します
  • Copy timing to blank drawings
    • 現在のレイヤと同数の描画数とフレーム数を空の描画で再現します.(線画の下にこのレイヤを設定することでの彩色を想定しています)
  • Copy drawings
    • 完全な複製を追加します.

Project options

プロジェクト全体に影響する動作のメニューを表示します.
  • Close project
  • Import/Remove audio/image/video
    • 各種メディアの取り込み,除去
    • 取り込む動画は長いほどアプリが落ちる傾向あり(iPad pro 12.9 2世代で確認)
  • Export
    • 各種書き出しができる
    • ファイルの名称は0000から0001と連番で出力される.10001フレーム以降が書き出せるかは不明.
  • Change
    • 画面に対しての変更ができる
      • framerate(フレームレート)
      • resolution(解像度)
      • background color(背景色)
    • 解像度を下げることで動作はスムーズになるので,半分の解像度で作成してクリーンナップや彩色の際に拡大するのもいいかもしれない

App preferences

  • Preview resolution
    • プレビュー時の解像度を変更
      • current layer(現在のレイヤ)
      • other layers(その他のレイヤ)
    • プレビューの際にもたつくようであれば解像度をHalf(1/2) ,Quarter(1/4)にすることを検討
  • Step by frame
    • ◀▶ボタンを,描画の移動ではなく,1フレームごとに移動する
  • Allow forward button to add drawing
    • ▶ボタンによる新規描画の追加を許すかどうか
  • Volume buttons function
    • None(無効)
    • Volume(音量)
    • Undo/Redo(アンドゥ/リドゥ)
    • Back/Foward(前後)
  • Onion skin
    • Onion skin opacity(オニオンスキンの透過度)
    • Onion skin tint previous/following drawings(オニオンスキンの前後の色)
  • Apple pencil or third-party bluetooth stylus settings

  • Left-handed interface

    • 右にボタンが来る左利き用レイアウトにする
  • Timeline size
    • Timeline horizonal zoom(横方向のTLの長さ)
    • number of layers timeline will expand to show before you have to scroll up/down(TLを拡張するレイヤ数の上限)
    • Show layer options(レイヤオプションを表示する)
    • Show layer names(レイヤ名を表示する)
    • Show playback range sliders(プレイバック範囲のスライダを表示する)
  • Zoom/Rotation
    • Allow pinch rotation of camvas(ピンチ動作を許可する)
    • Snap zoom and rotation(スナップ機能)
  • Smooth lines
    • Smoothly interpolate curves in drawn lines(線を滑らかに補正する)
      • 後から補正するので違和感がすごい